業界ニュース

売上が伸びているデザイナーブランド

ビュー : 19
更新時間 : 2022-06-13 16:19:58
「この四半期には、直接販売チャネルと卸売チャネルの両方で自社ブランドの力強い成長が見られ、2026年までに自社ブランドの売上を2倍にするという目標を達成するための大きな軌道に乗っていると確信しています。 2022年の結果は、最近のInvestor Dayで概説した長期計画に向けた進捗状況を示しています。さらに、トップのナショナルブランド、および5月にオープンした新しいプロトタイプのWarehouseReimaginedストアとの関係をさらに構築しています。は、これらの関係を強化し、お客様によりシームレスなオムニチャネル体験を提供するのに役立つ豊富な機能と機会をもたらします」と最高経営責任者のロジャー・ローリンズは述べています。
 
 
第1四半期の結果
2022年度の第1四半期に、Designer Brandsの純売上高は2021年度の同時期と比較して、全体で18.1%増加し、合計8億3,050万米ドルになりました。この期間、同等の売上高は15.3%増加しました。
 
 
セグメント別では、2021年の第1四半期と比較して、米国の小売純売上高は13.2%増の7億270万米ドル、カナダの小売純売上高は38.7%増の5,630万米ドルに達し、ブランドポートフォリオセグメント純売上高は69.7%増加し、合計で9,750万米ドルになりました。
 
 
前年の第1四半期の2億1,610万米ドルに対し、今年の第1四半期の総利益は合計2億7,570万米ドルでした。純売上高に占める総利益率は、前年同期の30.7%に対して、参照期間では33.2%に相当します。
 
 
4月30日の時点で、同社は2,620万米ドルの純利益、つまり0.34米ドルの希薄化した1株あたりの収益を報告しました。調整後の純利益は3,670万米ドル、つまり1株あたりの希薄化後の収益は0.48米ドルでした。
 
 
通年の見通し
2022年度、Designer Brandsは、以前の高シングルのガイダンスと比較して、1桁台半ばの割合で同等の売上高の増加を見込んでいます。
関連 ニュース
ナイキは第4四半期と通年の結果を発表します
ナイキは第4四半期と通年の結果を発表します
Jul .01.2022
ナイキは第4四半期と通年の結果を発表します
ASSOMACとUITICが参加して2023年の会議を開催
ASSOMACとUITICが参加して2023年の会議を開催
Jul .01.2022
ASSOMACとUITICが参加して2023年の会議を開催
マラソンスポーツを獲得するための艦隊の足
マラソンスポーツを獲得するための艦隊の足
Jun .30.2022
マラソンスポーツを獲得するための艦隊の足
バングラデシュの革の輸出は、年間の戦略的目標を上回っています
バングラデシュの革の輸出は、年間の戦略的目標を上回っています
Jun .30.2022
バングラデシュの革の輸出は、年間の戦略的目標を上回っています