業界ニュース

マラソンスポーツを獲得するための艦隊の足

ビュー : 20
更新時間 : 2022-06-30 10:33:22
地元で所有および運営されているランニングストアの米国フランチャイザーは、ニューイングランドを拠点とするランニング小売業者であるマラソンスポーツとそのsoundRunnerおよびRunner'sAlleyブランドを買収すると発表しました。
マラソンスポーツのeコマースビジネスであるレザーシューズを含むこの取引は、現在のマラソンスポーツのオーナーであるコリンとペニーペディの引退と重なって、来年7月に完了する予定です。財務の詳細は開示されません。
「この象徴的なランニングブランドと小売業者の一部になる機会が与えられたとき、私たちは関与したいと思っていました。この投資は、マラソンの遺産とアイデンティティを維持することを目的とした、フリートフィート、ブーツの新しいステップです。ニューイングランドのスポーツブランド。買収中のシームレスな移行に自信を持っており、マラソンスポーツブランドのチーム全体で子供靴と協力して成長することを楽しみにしています。コリンの人生を継続することを任せてくれたことに感謝しています。仕事、カジュアルな靴。そして私たちは彼が当然の引退で彼が最高になることを願っています」と、フリートフィートのCEO兼社長であるジョーイポインターは述べています。
ニューイングランドに本拠を置く小売業者は、完全所有の子会社であり続け、Marathon Sports、soundRUNNER、およびRunner'sAlleyのバナーの下でそれぞれ独立した事業体として運営されます。さらに、各場所では、ブランディング、マーケティング、コミュニティへの働きかけのすべての取り組みで、現在の店舗名を引き続き使用します。リーダーシップチームも変わらず、ウォルサムにある現在の本社から業務を継続します。
関連 ニュース
アシックスが最初の3Dプリントモデルを発表
アシックスが最初の3Dプリントモデルを発表
Jul .28.2022
アシックスが最初の3Dプリントモデルを発表
メキシコの靴産業は2024年まで回復しないかもしれない
メキシコの靴産業は2024年まで回復しないかもしれない
Jul .28.2022
メキシコの靴産業は2024年まで回復しないかもしれない
イタリア:生産だけではもはや十分ではありません
イタリア:生産だけではもはや十分ではありません
Jul .27.2022
イタリア:生産だけではもはや十分ではありません
Catarina Midbyによる持続可能性:2022年7月27日スウェーデンで今変更する必要があります
Catarina Midbyによる持続可能性:2022年7月27日スウェーデンで今変更する必要があります
Jul .27.2022
Catarina Midbyによる持続可能性:2022年7月27日スウェーデンで今変更する必要があります